サプリやしつけが犬の健康を守る~きっとPETのためになる~

しつけは飼い主の責任

飼い犬

ペットを飼う上で大切なことは、「しつけ」です。特に犬を飼う際は、しっかりとしつけを行ないましょう。犬のしつけには主にトイレのしつけや無駄吠えのしつけ、さらには留守番、食事などあらゆるしつけがあります。その中で、最も多くの飼い主が苦労しているのがトイレのしつけです。犬の糞や尿にはあらゆる菌が含まれています。家中に糞尿をしてしまうと、慢性的な病気になってしまう恐れがあるのです。また、臭いや汚れの原因にもなるので、トイレのしつけはしっかりと行ないましょう。とはいえ、特定の場所でトイレをするまでにはさまざまなしつけが必要とされています。むやみに怒鳴りつけてしまうと、返って犬は糞尿をすることに罪悪感を覚え隠れてするようになったり、最悪の場合食糞症になったりします。自分たちだけでは犬のしつけが行なえないという場合は、犬のしつけ教室に通うと適切です。プロが指導をしてくれるため、きちんとしたトイレのしつけをすることができるので安心です。

犬のしつけをしっかりと行なうと、犬は番犬として家を守ってくれます。しかし、留守番のしつけができていないと返って飼い主がいない間に家を散らかしてしまいます。また、勝手にご飯を食べ、不摂生を繰り返す恐れもあります。犬の健康を守るためにもしっかりとしつけることが大切です。飼い主がいなくても、家で大人しく過ごせる犬へと飼育するには、きちんとしたハウスのしつけが必要になります。また、犬が留守番中、退屈してしまわないように、おもちゃを与えておくことも適切です。食事を勝手に取らないように、毎日決まった時間に食事を与えることも大切です。留守番はしつけの中でも難易度が高いといわれているため、プロに相談しながらしっかりとしつけていきましょう。犬のしつけに悩んでいる人は、プロのドッグトレーナーに相談して、信頼関係を築いていきましょう。